中国旅行記その13 中国旅行最終日

お断り
この記事は2008年の年末に中国に旅行したときの記事で、編集中の状態のまま放置されていたものです。。。
当時の情報なので、2016年現在の状態とは大きく違う部分もあるかもしれません。。。

中国旅行最終日2008年最終日(大晦日)

寝台の和諧号上海站に到着した
列車から降りてホームへ
隣のホームには自分たちが乗った列車の5分前に北京を出発した寝台の和諧号が停まっていた
寝台和諧号の並び
日本の深夜バスのように同じ時間帯に立て続けに出発してるようだ

新天地辺りへ移動
列車の車内販売で買った朝食は。。。
ということで、朝食がてら、麦当労(今度は本物)へ行ったが
さすがチャイナクオリティー
チャイナクオリティー
よくこの写真を見るとわかるかと思うけど
包み紙を裏表逆に包んで出してる
一応店員に一言物申しておいた

この界隈をお散歩
新天地
1920~30年代に建てられたモダンな雰囲気の「石庫門住宅」を修復し、旧フランス租界の街並を再現した「新天地」
過去と現在が融合した華やかな空間(上海ナビより抜粋)

中国にいながら西洋な雰囲気を味わえる建物などがあった
その途中、こんなお店を見つけた
鼎泰豊
いまや台湾だけでなく、アジア各国に進出しているようだ
今回は入らなかったが、上海の小籠包と食べ比べをしてみても面白いと思う

帰りは虹橋空港発の便
空港まではタクシーで移動
途中少し渋滞に巻き込まれたが、30分くらいで空港に到着
チェックイン出国手続きを済ませ中国から出国
4泊5日という短い期間だったが、片道1000kmを超える大移動もあり、かなり充実した旅だった

出発便に搭乗
いつものことだが、海外からの帰国便でJALに乗ると
「皆様、お帰りなさいませ、本日は日本航空にご搭乗下さいましてありがとうございます」
というアナウンスがある
まだ、日本には到着していないが、心あたたまるアナウンスでとても好きだ

帰りの便はエコノミークラス
大晦日の帰国便のためか、エコノミークラスの座席は半分近く空席
Tくんと隣同士で座席を予約していたが、ドアクローズの後Tくんは一つ前の座席に移動
お互い、3席を一人で使わせてもらった
飛行機は離陸、それからしばらくすると機内食の提供が始まった
機内食
機内食を食べ終わった頃には九州の上空を飛行中だった
それから約30分後に浜松沖を通過
浜名湖
そして左手には富士山も見えてきた
富士山
ベルト着用サインが点灯
東京湾の南側から入り羽田空港に着陸した

おしまい

一人だったら中国大陸で大移動なんで実行する勇気はなかったです
Tくん、本当にありがとうです
また、機会があったら一緒に旅行行きましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック